串かつひょうたん

こだわり

【粉もん一筋70年】昭和20年から現代、そして未来へ止まることなく続けること

豊臣秀吉の統治時代からさらに発展した17世紀、通商・文化の中心だった大坂は「天下の台所」呼ばれ、地元の大阪人はもちろん、全国各地から訪れる商人や旅人の胃袋を満たしてきました。それは今も「食い倒れ文化」として名を残しています。日本屈指の繁華街として1500年以上続くその歴史、プライド、想いを胸に、皆様の胃袋を満たすべく年中無休で100年以上営業を続けていきます。

ひょうたんの3つのこだわりポイント

ページ上部へ戻る